歯周疾患検診(節目検診)について

歯周疾患について

歯周疾患(歯周病)はかつて歯槽膿漏と呼ばれていました。

歯周疾患(歯周病)とは、歯周組織-歯肉(歯ぐき)、歯の根とあごの骨、それらをつなぐ歯根膜という組織-に炎症が起こる病気です。 

40歳以降歯を失う原因の大半が、この歯周病によるものです。
歯周病は初期には自覚症状が乏しく放置されがちであり、症状(歯ぐきよりの出血・排膿、歯の動揺・疼痛、口臭等)が明らかとなり自覚したときには疾患は相当に進行しており、歯を残すことが困難となることも多くあります。
さらに歯周病は糖尿病や心疾患、脳卒中、誤嚥による肺炎など他の疾患を引き起こす原因となったり、悪影響を及ぼすことが解明されてきています。
(富山市歯科医師会HPより抜粋)

歯周疾患検診の対象

(1) 新40歳の総合健康診査の歯周疾患検診
(2) 新50歳の総合健康診査の歯周疾患検診
(3) 歯周疾患検診 満60歳
(4) 歯周疾患検診 満70歳

対象者は、富山市に住所を有し、その年度内(4月2日から翌年の4月1日まで)に、満40歳、50歳、60歳、70歳になる方で、国民健康保険の被保険者や健康保険加入者の家族等となります。 
(富山市歯科医師会HPより抜粋)

歯周疾患検診の費用

受診回数 1回

健診内容 問診、口腔内検査、ブラッシング指導など
お持物  受診券(富山市より送られてきます)

検診料 1,300円
※虫歯などが見つかった場合は、保健適応での治療となりますので、ご安心ください。

わからないことなどがございましたら、電話076-433-3606までご連絡ください。

 

診療内容トップページ一般歯科について小児歯科について妊婦歯科健診について歯周疾患検診について訪問診療について

トップページ略歴診療内容社会貢献ホワイトニングお問い合わせ